発達障害を仕事に活かす

この本は発達障害の特性を仕事で活かす方法について書かれてる本です

著者は発達障害を障害ととらえるのではなく発達アンバランス症候群として捉えています

発達アンバランス症候群を抱えている人は成人後の就労でトラブルや二次障害が起こって始めて気づくため、就労でトラブルが起きたり、二次障害にならないために様々な対処法を紹介しています

自己認知で自分の課題考え方のくせや得意不得意をしる

理解者を作りサポートしてもらったり、客観的に指摘してもらう

マインドフルネスでリラックスの仕方を身に着け二次障害を防ぐ

です。

この3つは大人だけではなく子供が二次障害を防ぐ対処法としてもいえることだと思います

また自己認知やリラックスの方法を身につけることは教室でもサポートできます。