2語文と修飾語が話せるようになりました

知的障害が重い場合
会話が一語の単語になります

そこで言語獲得が止まって
しまいます

言語は脳の高度な場所を使うので
利用者さんはヨガ受講とセットの
ことが多く、体が楽になると
今まで2語文を話したことがない
お子さんが話し出すことがあります

例えば
体 気持ちいい

です

他のお子さんのケースでは
絵画を見て、その様子を伝えるワーク
を積み重ねたので
「私は****です」
の構文の***に言葉を入れ替えて
文章を作るワークをしました

私は、絵本が好きです

そこから
どんな絵本かな?

私は、絵本の***が好きです

の***を追加してみよう

という具合に大項目ー小項目を
入れるパターン練習をしたところ
話せるようになりました

臨界期という成長の花がさく
タイミングがあります
お花に例えると土を柔らかくし
タネをうえ
水や肥料をやり
雑草をとり
最後に花が開く

それぞれの成長するタイミングを
観て、ワークを提示すると
あたりまえのようにできるように
なります

STさんとは違うやり方をして
いると思いますが
ストレスなく、楽になる方法
をDS BASEでは行っています

知的重度のお子さんも
セッションを提供しています

ご紹介した事例は
16歳以上のケースです
一般的には成長が難しいと言われる
年齢の方です

お問い合わせはこちら