2017/03/30

就学前クラスで行ったワークですが、腕の動きと目の動きがやや苦手なお子さんが行うと、なぞり書きができません

上2段の赤いのは、苦手なのでてきておらず、3段目は目の体操と体の体操をしてから行ったもの

集中の問題もありますが、ここではなんとかできています

板書と手元を見るのが過度に疲れてしまうことにつながってきます

年中・年長さんくらいから発達が気になるお子さん、気になっていないけれど小学校生活をスムーズに送らせたいとお思いなら、就学前クラスに通うのもよいかと思います

教室の体験・資料請求はこちら

2017/03/30

私たちは、できるだけ発達の流れに合わせて子どもたちの支援をしていくほうがスムーズだと

考えています

敏感期といわれる、その動きを獲得するのに最適な時期がありタイミングがあえばとてもスムーズに

できなかったことを、できる

に変えやすいのです

できるだけ一般の学校に通わせたいと願う保護者の希望を叶えるため、

できるだけ早く、できるだけたくさんのトレーニングを経て、卒業していけるようにと考えています

今までの経験から下は2歳から指導しています。

資料請求はこちらから

2017/03/23

教室に通う理由の中で「力の入れ方が0か10しかできない」という悩みのことがあります

調整ができないと、「卵をきれいにわれない」「道具に操作が下手」など

日常生活でうまくいかないことがあります

床を押すといった動作の中で筋肉の動かす圧を評価するのは難しいので

こういったアイテムを購入。100均です

感触も好きみたいで、ほおずりしていた子もいました

友達を呼ぶために肩を叩いたら、「痛い」といって誤解された

そういったことも力の入れ方がコントロルできると減ってくるはずです

発達障害のお子さんの体と脳を変える DSBASE千歳烏山体験申込みはこちら

身体認...

2017/03/20

朝起きれない

毎日ごろごろして怠けているように思う

そういった誤解もされやすい起立性調整障害。自律神経・血圧などが関わっています。

今までこの病気のお子さんの指導をしてきました

午前中はほとんど活動できず、午後になってやっと活動ができる

そういった特長があります

薬と体からのアプローチで治療していくのが主流です。今まで指導した人数は2名ですが、

活動できる時間が午前中からできるようになった

朝起きれるようになった、という変化がありました

もうじき4月。春は具合が悪くなる傾向があるようです

朝おきれなくて不登校の場合専門医に相談してみてはいかがでしょう。...

2017/03/13

教室に来ている高機能自閉症のお子さんが描いた絵

かわいさがあって、いつみても気持ちが和みます

こういった才能を生かすためのハブに教室がなれたらと思っています

教室の資料請求はこちら

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

2015 happy communications copy right  Wix.com