2017/09/27

NHKで放映されていた子どもの発達障害の特集

あるご家庭の様子で気になったのは癇癪を起して自室に閉じこもってしまったケース

お母さんがメモを書いて、そのお子さんの部屋に入ってそっと置いてくるシーンがありました

この場合、お母さんの気持ちを伝えるのも大事ですが、

癇癪を起すと母親が構ってくれる、妥協してくるという認知に変わってしまいます

教室でも癇癪を起すお子さんがいましたが、落ち着くまでは一人にしておきます

できればその子が落ち着ける空間(狭くて、一人になれる場所)を作っておいてあげるとよいでしょう

医療の現場やさまざまな試みをしている民間の特別...

2017/09/26

何かをしながら、何かをする

例えば、

話を聞きながらメモをとる

のが難しい自閉症の人。シングルタスクが得意です。こだわりがあるというのも一点集中できるということ。

だからこそ過集中してしまいます。

NHKで、自閉症の世界というテーマで、仮想空間の中で自由に自分を表現する自閉症の成人のドキュメンタリーを放映していました

パソコンを複数使い、自分のアバターをいくつも作ってそれぞれに活躍させています

生の自分の体を動かして行うのは難しいことでも、キータッチでアバターを巧みに動かし自分ではできないマルチタスクを実現させることができます

脳の発達に凸凹がある...

2017/09/25

一般就労のADHDの女性の中には、仕事の服装でいつも歯磨き粉のしみがついている人がいました

不注意という点で、気づかないのでしょう。またストレスが溜まると不注意が高まるのでひとつストレスの目安ともなります

「あ、何かついているよ」と周りが指摘してくれることを、素直に受け止めるか、また言われたとネガティブにとらえるかで、心の状態も変わってきます

伝え方ひとつ、こう受け止めてね、とひとこと伝えるとお互いいい関係でいられそうです

不注意=いろんなところに意識が飛ぶのでアイディアマンだったりしますよ

そういったところを発揮してもらえるといいですね

発達...

2017/09/24

先日教室でゲーム療育体験会をしました

使ったのは

イチゴリラ(高度な神経衰弱)

コードゲーム(相手への理解が勝てる鍵)

マラケシュ(判断力が試される)

です

コードゲームは、ヒントを出す、答える役割と分かれるのでヒントを出す人が相手の知識や思考パターンを想像してヒントを出す必要があります

今回象牙という答えを出してもらわなければならないのに、ヒント「あ行」として出した子がいました

アイボリーという英語から発想してもらいたかった(らしい)のですが、日本語が書いてあるカードに対して

英語から発想をしてもらうという考えは、難しかったようです

この失敗から、シ...

2017/09/22

先日から、東京に事務所を置く特例子会社さまにアンケートをお送りしています

いくつか返ってきた中で、

「対応でわからなかったことがある」「スタッフのストレスケアに関心がある」

という回答が来ています

疲れた?と聞いてスタッフさんに気づきをもってもらうことはできても、休める練習までを

組み込んでいるところは少ないと思います

なぜなら、休むということを教えてくれるドクターや支援機関が少ないからです

一般社員なら、疲れたので伸びをする、外にいって空気を吸ってくる、マッサージに行ってくるなど

いろんな方法で自分の調整ができますが、障害をもっているとそれができ...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

2015 happy communications copy right  Wix.com