2018/06/10

発達障害のお子さんは育てにくいと感じます

友達とうまくいかなくて、家で荒れることもあるでしょうし、トラブルの対応で学校とのやりとりも多いかもしれません

相手の今の状態が理解できずにまくし立てるように話をずっとしてきたりすることもあるでしょう

教室でも支援現場でも、ヌーーと後ろに立ってずっと話し続けてくるシーン、よくあります

お父さん、お母さんも、ほっと音がない時間、落ち着ける時間、何ごともない時間が欲しいのは

当たり前です

最近支援現場では、支援者の方の心の状態をよくしてもらうために、身体認知ヨガを一緒にやってもらうことにしました

この時は、自分...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

2015 happy communications copy right  Wix.com