2018/07/31

ここでは毎日一万歩近く歩くこともあります 身体認知のプログラムが入る前は腰が痛いという話が出てきませんでしたが、

今は、腰が痛い、足がダルといった体の感覚を表現することが増えてきました

オフィスはピータイルが多く、腰や背骨に負担がかかります

業務動作の立会いをしますが、どの靴を履いて行くかによってその日の夜の腰や背中の状態が違うことを実感し、私は今リーボックのイージートーンを履くようになりました 格段に腰が楽です 靴底に衝撃を逃すテクノロジーがついているものと、足の裏のしなりができるものが、楽に動けます 

身体認知ができていないと「どっちの...

2018/07/30

教室利用者の子どもたちは、電車が大好きな子が多いです

小さな時は、ミニカーを本人のルールで並べ続けるのが好きだった子もいます

ただこの子たちの観察をしていると、電車の番号、どの地域で走っている路線の名前、どこの会社の型落ちの電車というくらいで、ここが美しい、こことここが同じといった共通項を見ていません

掘り下げるのが難しいのです。ここで役立つのが、論理思考。図にして、階段をひとつ降りるように

掘り下げて考える習慣をしていくと細部まで見ることができるようになります

エジソンは、細かいところを見てなぜできなかったかを分析して発明しました

こだわりの...

2018/07/28

先日、発達課題がある方に、熱中症になった経験があるか聞いて見ました

どんな症状だったか?と聞くと身体感覚の表現はなく、「手が動かなくなった」と言った目で見える動きの変化だけで自分の状態を理解しています

このタイミングでは把握が遅く、すでに熱中症になっています

水の飲み方もがぶ飲みで体そして細胞に染み渡る飲み方ではありません 命を守る行動が悪化して初めて気づくようです 例えば、DS YOGAの時間 教室は40分1コマですが、スタート前、間、最後と最低3回水分補給タイムを入れています 

発達課題がある子の、身体感覚・リラックスを獲得する DS...

2018/07/23

教室で行なっている「身体認知」。人間という生き物のメカニズムとして発達があり感覚があり、それらを手掛かりに私たちは生きています

それをまた違った角度から、業界が違う方との対談で掘り下げている本です

先日利用者さんの保護者の方から、先生の的確なフィードバックは何を見ているのか知りたい、と言われました 素地はあったかもしれませんが、これはある程度訓練で伸びるスキルだと思います

本でも養老先生が、医学生でも視力はあっても物を見る訓練をしていないので見えないと書いています 顕微鏡の世界は偏見がなければ見えない・・・

これはすごく腑に落ちました  発...

2018/07/23

東京都自閉症協会で講演をさせていただいてから、教室の体験と入会が増えてきました

またご要望があった重度の方のクラスを1つ作りました

そして中学生のお子さんを持つ保護者様からの問い合わせが高いのですが、現在空きが土日で4つしかありません。みなさん月2回で申し込みをされるので実質2名のみお引き受けできます

平日は、現在第一金17時半のみで、こちらは3名お引き受けできます

中学生くらいで空手や剣道など習い事をしているけれどどうも改善しないと思われた保護者の方は

一度体験を受けてもらうと良いと思います

発達課題のあるお子さんは同じ動作を繰り返して行うと...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

2015 happy communications copy right  Wix.com