2019/10/25

感覚過敏、その原因は神経と関係があります

神経には自律神経と体性神経があります

発達障害の場合、緊張と弛緩の調整機能がうまく働いておらず、常に過緊張、低緊張のどちらからになってしまいます

そのため、例えば外部から音が入ってきたら内耳がその音を聞きやすいように筋肉の調整が自然とされるのですが、それがされずに「音が痛い」と感じたり「大きすぎて頭が痛い」という感覚になってしまいます

根本の神経の調整練習をしていくことで、体が本来持っている調整機能が働きます

DS BASE千歳烏山では、耳ふさぎを50分の枠内で半分くらいしていたお子さんがいました

その...

2019/09/15

アメリカから来日されているカリフォルニア州認定臨床心理士の宮崎さおり先生をお招きして

2日間ワークショップを行っていただきました

この写真は2日目ビジョンボードのワークショップの様子です

森田療法を軸としているので、夢をぽかーんとイメージするのではなくて行動(アクションプラン)までイメージするのがポイント。子供が自立してから・・・というコメントに、自立の定義は何でしょう?という先生からの問いがあり、改めて気づいた点があったようです

教室では、不定期ですが、少人数のワークショップを行っています

発達障害のお子さんを中心に、将来働く可能性がある企...

2019/08/22

日本では、聞き慣れないサイコエデュケーション。心理教育と翻訳されます。

人を人財を見なし、心身ともに健康で能力を発揮する、チームとしてヘルシーにマネジメントするために必要な観点だと考えています

この考えに出会ったのは今年アメリカに行ってから

相手の心の状態を分析しながら目指す方向に向かっていくこの手法は、効果的な面談にもつながります

詳しくはHPをチェックしてください

9月開催です

2019/08/11

先日アメリカに行った時に探していたのが発達障害のお子さん向けの性教育の教材。

家庭でも学校でも難しい性教育。相手の感情を理解しにくいASDのお子さんにとっては

恋をする、そこからの発展に関しては難しい場面もあるかもしれません

発達障害のお子さん向けではないのですが、子供たちがわかりやすい動画を発見したので

こちらでご紹介します

2019/06/27

トラウマケアの資料として紹介された本です、

神経系からのアプローチです。この本をご紹介してくださったアメリカ在住の臨床心理士の

先生から「神谷先生のやっていることはこれに近いです」と言われました。

確かに神経にアプローチして、どう落ち着かせるか、をDS YOGAでは行なっています。

そして落ち着く・力を抜く、が最優先です。

落ち着いて、自分の心地よいゾーン、ストレスがあっても調整できるゾーン(レジリエンスゾーン )に常に自分をおけるためのトレーニングをしていくことは、いきやすさにつながります。

 3.11を境に支援が広がったこの神経系エクササイ...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

2015 happy communications copy right  Wix.com