2016/11/18

学校の勉強についていけない

これを避けるために、目の動き・協調運動・読字書字、社会性を身につける年長さん限定のSSTを行います

  • 相手の話をよく聞けない

  • 衝動的に行動してしまう

  • 目に入ったものにすぐに反応してしまう

  • 友達とうまくいかない

  • 新しい場所・環境になれるまでに時間がかかる

そういったお子さんが不登校にならないためにと全6回のクラスを開催します

学校でも目や協調運動の問題、つまり体の問題で困難があることに気づいてくれませんし、何をどう配慮したらいいかもご理解いただけません。専門的な訓...

2016/11/17

知的が高いけれどもつまづきやすいのが「国語」

感情をくみ取ることが苦手なASDのお子さんたち

自分の感情理解も文章中の感情理解も難しいのです

そこで、国語に特化した塾を開始します

詳しくはHPをご覧ください

2016/11/16

勉強ができない、忘れ物が多いお子さんの中には視力がでなく目の動きに問題を抱えているお子さんがいます

LDのお子さんもそのひとつ

見え方が違っています

目の動きの問題と、見え方の問題

視力検査はありますがなかなか気づいてもらえません。DS BASE千歳烏山では、アセスメントで目の動きをとっています

その結果をもとに、目のトレーニングも組み込んでいます

2016/11/14

12月から、身体認知ヨガクラス、第二土曜日の午後身体認知クラスの集団クラスをスタートします

小学校3年頃から友達との関係が難しくなります

このクラスでは、友達と組む、ペアになるという身体接触も行いながら身体認知ヨガを行っていきます

特に自閉症のお子さんは社会的絆をつくるために関わるオキシトシンというホルモンが出にくいという研究もあります。身体接触・ボディータッチによりオキシトシンがでるといわれています。そういった意味でも手をつないで行う、相手の身体をくぐりぬけるなど同世代の仲間と一緒にやることの意味は大きいです。

中学校生活を見据えて、学校...

2016/11/12

教室に来ているお子さんで、昔は食べれるものがあまりなかったと、おっしゃるお母様がいました

いままで関わったお子さんで、「炭酸しか飲めない」お子さんは、割と多いです

支援している成人自閉症重度の方も、お弁当に炭酸の組み合わせをしている人が1/3ほどいます

炭酸のはじける感じが好まれるのでしょう

お茶やお水は好むほどではないそうです

ある専門家が偏食のお子さんの血液検査をしたところ血液には異常がなかったとおっしゃっていました

しかし、脳の栄養となる糖質などをとっていないと脳に影響がでるのではないか?と個人的には感じています

偏食が多かったお子さんは、...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

2015 happy communications copy right  Wix.com