履修届が出せなくて大学中退

January 6, 2017

 

発達障害に限らず、入学早々大学中退を決める子たちが増えているようです。もしくはそのまま引きこもり。

 

ヒアリングした中では、発達の問題を抱えていると思われるケースが多かったのですが、躓く点は

 

1.履修届が出せない、システムが理解できない、助けを求めることができない

2.友達ができない

3.生活リズムを自分で管理できない

 

この3つが主な原因です。5年ほど前から大学教授にインタビューしてきましたが最近は保護者からの相談が増えてい

 

自閉症の方はこだわりが強く一度思い込んだ枠組みを外しにくい傾向があります。変更も1度までなら許容範囲。意欲以上に合っているかどうかを入学前に見極めるのは現時点ではかなり難しいと思います。

 

親としては大金を支払っているため、やすやすとやめたいという言葉を聞くと複雑な思いでしょう。大学はあくまで通過点で、社会人として自立していきていけることを目指すために、大学でなく「自分らしくはたらく」ことに主眼を置くよう、家庭内外で学習できる機会を増やすのもよいかもしれません。

 

教室では、就労のプレ段階の興味をもつということを目的に、特にIT機器を介在させるプログラムを2017年度はスターとしていく予定です。

 

 

対象は、中学生以上を考えています。

 

特に知的が高いお子さんは、その能力を社会還元できるようにマッチングできたらと思っています。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索