自分の認知と行動、相手の認知と行動を理解しないとグループ活動ができません

April 12, 2017

 

高校生になるとグループ活動が増えてくるそうです

 

 

自分の意見を言うことができることも大事

 

相手の意見を聞くことも大事

 

 

そしてチームで活動するためには、すり合わせも必要です

 

 

これは、ビジネスの場での組織論の話ですが、自分の認知と行動の振り返りができ、修正ができないとグループでまとめる・まとまることが難しいのです

 

 

できるだけ早いうちから必要に応じて自分の認知と行動を変える訓練をしておいたほうが自立にはつながりやすいと思います

 

 

 

 

アルバイトで、叱られた=自分は悪くない、上司が悪いという認知のママであれば、ささいなことがおきるたびにバイトを止めることになります。残念ながら、仕事の中で不条理なことは当然起こります。

その中でも自分で認知と行動を変えることで、自分らしく働くことはできるのです

 

 

障害者就労の場でも、ミスがあれば指摘されます。ミスについて指摘されただけで、自分はちゃんとやっている指摘したあいつが悪いという認知にならないように。もし相手のほうが間違っていた場合は、自分の意見をきちんといえるようにする訓練重要です

 

 

★発達障害児のライフスキル獲得教室 資料請求はこちら

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索