教室では、最初に言語と処理能力が上がる傾向があります

January 21, 2018

教室に通う前、通い始めてからWISCをとった方から結果をお聞きすると、1年半で大きく変化がでてきているようです

 

 

文章構成と発語は脳の異なる部位が働くので、脳の広い範囲を刺激していることになるかもしれないという仮説が立ちます

 

すくなくとも全体的に数値が上がっているようなので、身体認知と脳の働きには何らかの相関があるかもしれません

 

体の動きの獲得は、効率よい動き、ストレスケア以上のことがありそうです

 

WISKの結果は、担当した心理士の先生によって検査時の様子を含めたフィードバックをしてくれるところ、数値のみくれるところと違いがあるので、保護者の方もお子さん理解のために知っておくとよいと思います

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索