考える力、感じたことを言葉にする力をつけて、よりよく働けるための論理思考塾

January 25, 2019

教室で行なっている論理思考塾。知的が高い方も、知的に課題がある方も、どちらも効果が出ています

 

毎回行なっているのが、最初にこの1週間の楽しかったことを書いてもらいます

 

ここで、現在の論理力を分析するだけでなく心の状態も分析しています

写真のように出来事を捉えているので、楽しかったポイント(=気持ちの高まりの度合いや出来事)も前後の話と同じように淡々と表現する傾向にあります

また捉えているポイントの広がりが出てきたか、が大切なポイントで、ASDの傾向1点しか見えていない特性を、どれだけ広げられたか、全体を捉えることができるようになったか、をここで見ています

 

ここまで30分から40分。クラスの半分ほど時間がかかります

 

次は、今回の「課題」です

 

 

先日は、絵を見て、分析しました。絵の時もあれば、写真、漫画。色々題材として使います

全体を見る練習をし、それを最後には文章にして行きます

ASDのお子さんは、知的に関係なく本題と視点がずれる傾向があるのが興味深いです

そして人物が入っていても人物を以外に着目をし、そこに登場している人物がいないかのように

テーマを見ています

ただ、人物しかいない写真題材を使ったときは、目以外の部分に着目します

感情がわからない、という特性があるのですが、あえて苦手な部分を見るのを避けているのかもしれません

 

年齢、知的、いろんな要素がある中で、同じ時間でも個別課題を出すこともあります

 

進学塾でも驚かれたというほど短時間で現代国語の成績が上がったのですが、

それ以上にコミュニケーションの質が上がったのを感じます

 

1コマ80分とちょっと長めの授業ですが、楽しく行えているようです

このクラスは、書字が苦手なら、パソコンを使ってもらっています

今は月1回しかクラスがないのですが、半年(6回・宿題なし・家庭では何も行なっていない)で

成績が明らかに変わったようです。

 

論理思考塾 第2土曜日16時半からとなります

 

*体験申し込みはこちら

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索